アクバー 提督

発行者: 05.09.2021

Writer アクトンボーイ 年生まれ。スターウォーズと同い歳。集めまくったアメトイを死んだ時に一緒に燃やすと嫁に宣告され、1日でもいいから奴より長く生きたいと願う今日この頃。. カテゴリ : 人物 モン・カラマリ 反乱同盟軍 自由惑星同盟 新共和国 銀河連邦自由同盟.

顕著な例は エンドアの戦い だった。 第2デス・スター が驚異的な速さで運用され、反乱軍艦隊で最も強力な艦船を計画的に破壊し始めたとき、アクバーは最初の直感で攻撃中止を命じている。しかし、 ランド・カルリジアン 将軍 は インペリアル級スター・デストロイヤー と交戦することによって彼に攻撃続行を志願し、 第2デス・スター が帝国軍の戦艦に当たることを怖れて攻撃してこないことを祈ったのである。保守的なアクバーもカルリジアン将軍の大胆な計画を受け入れ、その成果を目の当たりにした。彼のギャンブルは大当たりとなったのだ。.

スター・ウォーズの鉄人! メインページ 解説 ヘルプ よくある質問と回答 特別ページ ログイン クッキングパパ まこと : 人物 モン・カラマリ 反乱同盟軍 自由惑星同盟 新共和国 銀河連邦自由同盟. 筆者の手元には今、バンダイがリリースしているスターウォーズのフィギュア「名将シリーズ」の 足軽ストーム・トルーパー があります。スターウォーズのキャラクターに、日本の戦国時代風のアレンジを加えた新機軸のフィギュアとしてラインナップを重ねて来たこのシリーズ。非常に魅力的なシリーズであることに疑問の余地はありませんがしかし、スターウォーズオリジナルトリロジーの狂信者である筆者は忸怩たる思いが胸に去来するのを禁じ得ません。. ギアル・アクバー (Gial Ackbar)は、 アメリカ合衆国 の SF映画 『スター・ウォーズ』シリーズ に登場するキャラクター。.

リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. アクバー提督は登場しないが、息子であるアフタブ・アクバーが登場。指揮官ではなくパイロットとしてXウイングを駆る。 でもやっぱりチョイ役。. Writer アクトンボーイ 年生まれ。スターウォーズと同い歳。集めまくったアメトイを死んだ時に一緒に燃やすと嫁に宣告され、1日でもいいから奴より長く生きたいと願う今日この頃。.

1 1. [6] [7] [6] .

Star Wars Encyclopedia. スター・ウォーズの鉄人! メインページ 解説 ヘルプ よくある質問と回答 特別ページ ログイン カテゴリ : 人物 モン・カラマリ 反乱同盟軍 自由惑星同盟 新共和国 銀河連邦自由同盟.
  • エンドア 以後の戦いも、彼は モン・モスマ の行った艦隊司令官の人選が完璧なものであったことをあらゆる人々に証明してみせた。アクバーには同盟軍にとって巨万の富の価値を持つ人物となったのだ。.
  • ブックの新規作成 PDF 形式でダウンロード 印刷用バージョン. net 年4月11日.

テクノロジー&ロケーション

このアクバー提督、 エピソード7でまさかの再登場。提督の座は退いているようですが、後進を見守る顧問の様な形で、老いてなお常在戦場の勇姿を見せ、我々 どうかしてるファン の目頭を熱くしてくれました。未見の方は是非、エピソード6から彼が過ごしてきた30年に思いを馳せながらご覧ください。. それは、共和国の主力艦隊を構成する戦艦は モン・カラマリ・スタークルーザー というのですが、その名の通りアクバー提督の出身地惑星モン・カラで製造されたものです。モン・カラマリ族は銀河一優れた造船技術で知られており、このモン・カラマリ・スタークルーザーは、スターデストロイヤーを上回る機動力を持っていました。そのおかげで火力で上回るスターデストロイヤーの攻撃を凌ぎ続けることができたのです。 そして、帝国軍が覇権をとろうとしてる趨勢の中、 あえて反乱軍にこの主力艦隊を提供するよう故郷に働きかけたのがアクバー提督その人だったのです。 この視野と交渉能力、 名将には不可欠の要素ではないでしょうか。.

Star Wars Insider Star Wars Fan Club 42 : メインページ 解説 ヘルプ よくある質問と回答 特別ページ ログイン. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. com 年4月5日. USA Today.

Star Wars: The New Essential Chronology! Keywords DC Netflix. Writer 1. Star Wars Insider Star Wars Fan Club 42 : .

惑星ダック(モン・カラマリ)の浮遊都市に生まれる [6] 。 銀河共和国 時代はモン・カラマリのコーラル・デフス・シティの市長を務めていた。リー=チャー王が 銀河帝国 の突きつけた不平等条約の締結を拒否した事から帝国軍による侵略を受けた際には防衛軍を指揮して抵抗するも敗北し、モン・カラマリは占領されてしまう [7] 。リー=チャー王は捕縛されてモン・カラマリの主要都市もことごとく破壊され、辛うじて生き残ったモン・カラマリも多くが奴隷として帝国軍に強制連行された [6] 。アクバーは同じく防衛軍の指揮官を務めていたラダスと共にモン・カラマリの浮遊都市全体を宇宙船としたシティ=シップに多くのモン・カラマリを載せて惑星を脱出した。. タグ検索 :. あっという間に劣勢に追い詰められ、撤退して再起を図ろうとランドに提言するが スーパーレーザーの脅威を目の当たりにしたランドは敢えてスターデストロイヤーに 近づくことでスーパーレーザーの狙いを散らすという傍から見れば無謀ともいえる作戦を提案。 それに賛同し、何とか体勢を立て直す。 好機を待ち続け、ハン・ソロがエンドアにあるシールド発生装置を破壊すると 本格的に反撃を開始。 デス・スター内部に侵入した部隊を支援すべく帝国の旗艦であるスーパースターデストロイヤー「エグゼキューター」への集中攻撃を指示。シールド発生装置の破壊に成功し、グリーン・リーダーの特攻により撃沈させた。.

All Rights Reserved. : :. B B B. : : .

ギアル・アクバー 提供: スター・ウォーズの鉄人! Gial Ackbar 人物に関する情報 出身地 ダク 誕生 44 BBY (9 BrS) 死亡 29 ABY (64)、 野良猫 近寄る 鳴く 身体に関する情報 種族 モン・カラマリ 性別 男性 身長 1.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. スター・ツアーズ ( ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー ) ローンチ・ベイ ジェダイ・トレーニング:トライアル・オブ・ザ・テンプル ギャラクシーズ・エッジ ( ミレニアム・ファルコン:スマグラーズラン ・ ライズ・オブ・ザ・レジスタンス ). Star Wars: The Essential Guide to Characters 1 ed. リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目.

Star Wars Encyclopedia. : :. : :. Del Rey Books. 1 II .

アニヲタWiki 仮. スター・ウォーズシリーズ のキャラクター. それは、共和国の主力艦隊を構成する戦艦は モン・カラマリ・スタークルーザー というのですが、その名の通りアクバー提督の出身地惑星モン・カラで製造されたものです。モン・カラマリ族は銀河一優れた造船技術で知られており、このモン・カラマリ・スタークルーザーは、スターデストロイヤーを上回る機動力を持っていました。そのおかげで火力で上回るスターデストロイヤーの攻撃を凌ぎ続けることができたのです。 そして、帝国軍が覇権をとろうとしてる趨勢の中、 あえて反乱軍にこの主力艦隊を提供するよう故郷に働きかけたのがアクバー提督その人だったのです。 この視野と交渉能力、 名将には不可欠の要素ではないでしょうか。.

: Gial Ackbar 44 BBY 9 BrS 29 ABY 64 1.